慢性蕁麻疹治療薬「ゾレア」取り扱い開始

「ゾレア」皮下注は特発性の慢性蕁麻疹の原因の一つと考えられるIgEを抑えます。これにより、蕁麻疹の原因となるヒスタミンの産生を阻害したり、アレルギー症状を軽減させる効果が期待できます。

「ゾレア」は12歳以上の患者様が適応で4週間ごとに通院による注射が必要です。

医療費は1ヶ月約18,000円(3割負担)と高額ですが蕁麻疹治療の最終目標の「症状が現れない状態」に到達する事を達成する事が可能な治療薬で重症な蕁麻疹の方にも効果が期待できます。

12週間(3ヶ月)ほど投与しても効果が認められない時は使用中止を検討します。

なお、ご不明な点や妊娠中及び授乳中の女性は医師にお気軽にご相談下さい。




閲覧数:307回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当院ではこの度、難治性にきび治療薬「スピロノラクトン」を導入致しました。 スピノロラクトン(アルダクトンA)とは スピノロラクトンは男性ホルモン抑制作用により難治性のにきびを改善します。 スピロノラクトンは本来は高血圧の治療に用いられる利尿効果のある薬です。 別の働きとして、男性ホルモン作用をブロックする作用があり、その作用を利用してニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、大人ニキビを改善しま

当院ではこの度、飲む発毛剤(医薬品)「ミノキシジルタブレット」を導入致しました。 ミノキシジルタブレットとは 血管拡張作用で発毛を促進する、「ミノキシジル」を主成分としている飲む発毛剤(医薬品)です。 外用のミノキシジル配合剤に比べて、吸収率が高く、より高い発育効果が期待できます。 特にこめかみや頭頂部、生え際の薄毛に有効です。 ※使用上の注意 ・人工透析を受けられている方、高齢の方、重度の高血圧