top of page

慢性蕁麻疹治療薬「ゾレア」取り扱い開始

「ゾレア」皮下注は特発性の慢性蕁麻疹の原因の一つと考えられるIgEを抑えます。これにより、蕁麻疹の原因となるヒスタミンの産生を阻害したり、アレルギー症状を軽減させる効果が期待できます。

「ゾレア」は12歳以上の患者様が適応で4週間ごとに通院による注射が必要です。

医療費は1ヶ月約18,000円(3割負担)と高額ですが蕁麻疹治療の最終目標の「症状が現れない状態」に到達する事を達成する事が可能な治療薬で重症な蕁麻疹の方にも効果が期待できます。

12週間(3ヶ月)ほど投与しても効果が認められない時は使用中止を検討します。

なお、ご不明な点や妊娠中及び授乳中の女性は医師にお気軽にご相談下さい。




閲覧数:783回0件のコメント

最新記事

すべて表示

6/18(火)から新しい皮膚科の先生が診療に加わります。

ご案内です。 6/18(火)より、奥村理恵医師が皮膚科の診療に加わります。 診察日は、毎週火・木曜日の午前9時~午後2時です。 何かご質問やご予約の希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

6/4(火)代診のお知らせ

6/4(火) 院長は不在のため、角田 医師が担当いたします。 6/4(火)は美容のご相談や施術、美容施術後の経過、ピアス等の施術は行っておりませんので、ご希望される方は、院長の診察日にご来院いただきますようお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

一般処方加算に係る掲示について

当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。 後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方 (一般的な名称により処方箋を発行すること)を行う場合があります。 一般名処方とは、お薬の商品名ではなく、有効成分を処方箋に記載することです。 そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複

תגובות


bottom of page