伝染性軟属腫(水いぼ)の治療について

水イボの治療には摘除する方法と塗り薬があります。

確実に治すには摘除が一番ですが痛みを伴います。摘除する場合に少しでも痛みを和らげるために麻酔のテープやクリームを処置の前に使用する場合も有りますが、それでも無痛にはなりません。


お子様の摘除の痛みに悩む保護者の方に、銀イオン配合の抗菌力を用いて水イボの治療にも応用のできる保湿クリームを当クリニックで採用致しました。(自費診療)


銀イオン配合クリームを使った実験データでは、2ヶ月くらい塗ると80%くらいの方に有効との事です。

塗り続けて、水イボが赤くなってきたら効果が出始めたサインですので使用を続けます。

ただし、広範囲に赤くなったりガサガサしたり痒がったりした時はかぶれの可能性もありますので中止の上、すぐに受診をお願い致します。


水イボには、

・増えていくタイプ

・同じ場所にあるタイプ

・治っても別の場所に出てくるのを繰り返すタイプ

と観察していると主に3パターンあります。

ほとんどの場合は最終的には自然に治るので心配要りませんが、例外として水イボが化膿した場合や、10歳以上になっても治らない場合です。いずれも摘除が適応となります。



閲覧数:314回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当院ではこの度、難治性にきび治療薬「スピロノラクトン」を導入致しました。 スピノロラクトン(アルダクトンA)とは スピノロラクトンは男性ホルモン抑制作用により難治性のにきびを改善します。 スピロノラクトンは本来は高血圧の治療に用いられる利尿効果のある薬です。 別の働きとして、男性ホルモン作用をブロックする作用があり、その作用を利用してニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、大人ニキビを改善しま

当院ではこの度、飲む発毛剤(医薬品)「ミノキシジルタブレット」を導入致しました。 ミノキシジルタブレットとは 血管拡張作用で発毛を促進する、「ミノキシジル」を主成分としている飲む発毛剤(医薬品)です。 外用のミノキシジル配合剤に比べて、吸収率が高く、より高い発育効果が期待できます。 特にこめかみや頭頂部、生え際の薄毛に有効です。 ※使用上の注意 ・人工透析を受けられている方、高齢の方、重度の高血圧