top of page

にきび治療薬 イソトレチノインを導入しました。

更新日:2022年12月15日

当院ではこの度、難治性にきび治療薬「イソトレチノイン」を導入致しました。



イソトレチノインとは


イソトレチノインはビタミンA誘導体により難治性のにきびを改善します。


ニキビ治療の先進国である欧米では、ニキビの治療の基本薬として認知されています。

このお薬は、副作用はあるものの、説明を理解し、1日1回の用法用量を守って使用していただければ、他の治療で治らなかったニキビに対して効果を期待できます。


当院でのイソトレチノインの内服の仕方

  • 通常1クール6ヶ月の内服となります。

  • 再発した場合、2~3ヶ月あけて、もう1クール追加する場合もあります。

  • 催奇形性があるため、内服中および女性は内服終了後も半年、男性は1ヶ月の間は避妊が必要です。

  • 内服中および内服終了後6ヶ月月は献血ができません。

  • 日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため保険適応ではありません


内服できない方

内服できない方

  • 妊娠中の方、妊娠の疑いのある方

  • 授乳中の方

  • 成長期の方

  • イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビ

  • タミンAでアレルギーを起こしたことのある方

  • テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方(ミノマイシン®(ミノサイクリン塩酸塩)、ビブラマイシン®(ドキシサイクリン塩酸塩)、レダマイシン®(デメチルクロルテトラサイクリン塩酸塩)、アクロマイシンV®(テトラサイクリン塩酸塩))

  • うつ病もしくはうつ気質の方

  • 肝機能障害のある方

  • 中性脂肪、コレステロールの高い方

  • ビタミンA過剰症の方

副作用、注意点

  • 皮膚の乾燥、かさつき、皮むけ

  • 敏感肌になる

  • 手や足の皮むけ

  • かゆみを伴う赤み

  • 爪の変形

  • 頭痛

  • 全身の多毛

  • 吐き気、嘔吐

  • 長く続く頭痛

  • 視力の障害

  • 聴覚の障害

  • みぞおちの辺りの強い痛み

  • 肌の強い赤み




ぜひお気軽にお問い合わせください。

費用重要事項

閲覧数:511回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゴールデンウィーク休診のお知らせ

ゴールデンウィークの下記の期間は休診致します。 5/1(水)~5/6(月)まで ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

4/5(金)代診のお知らせ

4/5(金) 院長は不在のため、角田 医師が担当いたします。 4/5(金)は美容のご相談や施術、美容施術後の経過、ピアス等の施術は行っておりませんので、ご希望される方は、院長の診察日にご来院いただきますようお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

4/8(月)休診のお知らせ

4/8(月) 休診致します。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

Comments


bottom of page