プラセンタ注射

placenta_02.jpg
placenta_02.jpg

・プラセンタとは

プラセンタとは、お腹の中の赤ちゃんに栄養や酸素を運ぶ「胎盤」のことです。胎盤には、細胞を活性化させて成長させる成長因子(たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、核酸など)が豊富に含まれています。これらの製剤は、日本国内の産婦人科において、正常分娩した健康な母親の胎盤を使用しています。プラセンタエキスは、ヒト胎盤から有効成分を抽出したエキスです。プラセンタ製剤は、更年期障害の治療薬として認可を受け、幅広い症状に効果が期待できます。当院では、厚生労働省から認可されているメルスモンとラエンネックを使った治療をしています。

・更年期障害について

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。
年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もいます。
ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、心理的な要因(仕事や家庭環境など)も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所にあらわれます。

女性が閉経すると、さらに女性ホルモンの分泌量が低下し、骨粗鬆症や脂質異常症の発症リスクが高まります。更年期の過ごし方は、これらの症状に付き合いながら、疾患の発症や進行を予防する非常に重要とされています。

・更年期障害の症状

更年期の症状には個人差が大きく、次の症状が一般的に悩まれる症状として挙げられます。

更年期の各種症状で気になる事がありましたら、当院にお気軽にご相談ください。

  • 突然、異常に汗をかく(ホットフラッシュ)

  • 顔のほてり

  • 急に暑さを感じる

  • 手足や腰が冷え

  • 怒りっぽくなり、すぐにイライラする

  • 動悸や息切れ

  • 不安感、憂鬱になる

  • 寝つきが悪く、すぐに目が覚めて眠れない

  • 頭痛・肩こり・腰痛・めまい・吐き気・手足の痛み

  • 疲れやすい・疲労感・強い倦怠感

・プラセンタ療法

医療機関で使用されるプラセンタとは一般に、母体が健康で満期出産のヒト胎盤から抽出された水溶性物質のことを指します。現在、日本の厚生労働省により認可されているプラセンタの注射剤は『ラエンネック』と『メルスモン』があります。
ラエンネックは「慢性肝疾患における肝機能の改善」に、メルスモンは「更年期障害、乳汁分泌不全」にそれぞれ保険適応がございますので、診察時に御相談下さい。
また、保険適応外(自費診療)にはなりますが、アンチエイジングや美肌効果、血行促進、抗アレルギー・抗炎症効果を期待して、美容目的での使用も可能です。

・プラセンタの有効な作用

1. 免疫賦活作用:抵抗力・免疫力を高めます。

2. 活性酸素除去作用:活性酸素を除去してアンチエイジングに有効です。

3. 強肝・解毒作用:肝臓機能を強化します。

4. 乳汁分泌促進作用:乳汁分泌を促進します。

5. 疲労回復作用:疲労回復に有効です。

6. 美肌促進作用:美白や保湿効果が期待できます。シミ、しわ、にきび、乾燥などを抑制します。

7. 抗アレルギー作用:アレルギーを抑制します。

・そのほかのプラセンタの効果

  1. 胃腸:胃下垂・便秘・貧血・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・糖尿病

  2. 肝臓:脂肪肝・肝硬変・アルコール性肝炎・ウィルス性肝炎

  3. 婦人科:生理痛・月経不順・冷え性・更年期障害

  4. 神経科:自律神経失調症・頭痛・不眠症

  5. 整形外科:慢性的な肩こり・腰痛・関節痛

  6. アレルギー科:花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息

  7. 美容:美白・シミ・しわ・たるみ・美肌

  8. その他:免疫力減退・風邪・膠原病・リウマチ・アルツハイマー・耳鳴り・味覚減退・嗅覚減退・視力減退・視野狭窄・白目の濁り

 ・費用

年齢や病名によって保険適用外の場合は、自費診療にてプラセンタ療法を受けることができます。

美容目的でのプラセンタ療法は、自費診療になります。

・保険適用の場合

更年期障害であれば、概ね45~59歳の女性が対象となり、1回1アンプル、週1~3回が目安となります。
乳汁分泌不全(メルスモン)でも保険適応が可能ですので、御相談下さい。プラセンタ療法でおすすめは、週2~3回継続した注射で経過を見ていきながら頻度を調整しいく方法です。効果の出方には体調や環境の変化など、個人差があります。

保険適用外(自費)の場合

対象制限はありません。
週2~3回継続して注射治療されることをおすすめしています。

・保険適用外(自費)の場合

対象制限はありません。
週2~3回継続して注射治療されることをおすすめしています。

1回1アンプル 2,200円 

1回2アンプル 3,300円 

1回3アンプル 4,400円

・プラセンタ療法における注意事項

プラセンタ療法(ラエンネック・メルスモン注射)を受けた方は、献血ができなくなります。ご理解と同意を頂いたうえで、同意書にご署名頂きます。事前に不安点や疑問点がある場合は、お気軽にご相談ください。